2020年11月26日

201126 西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク―未来を洞察する「メタ思考」入門』



●事業ドメインを構成する3つの軸

(1)提供価値 何を

(2)顧客 誰に

(3)コンピタンス どうやって



●アウトサイド・インの考え方の弱み

「他社でも同じようなシナリオに行き着く可能性がある。」



●マーケティングのSTP

(1)S = Segmentation セグメンテーション

 顧客をひとまとめにとらえるのではなく、

 ニーズの特性や購買行動などに基づいて、いくつかのグループに分けること。

 分けられたグループをセグメントと呼ぶ。


(2)T = Targeting ターゲティング

 どのセグメントを対象に事業を行うのかを決定すること。


(3)P = Positioning ポジショニング

 自社の商品やサービスの「位置づけ」を明確にすること。

 商品やサービスの持つさまざまな「属性」について、どれを強調するのか。



●5・5・3・3・4の法則

(1)5 SEPTEmber

 (i)Society 社会

 (ii)Economy 経済

 (iii)Politics 政治・政策

 (iv)Technology 科学技術

 (v)Ecology または Environment 地球環境


(2)5 5フォース

 (i)既存競合

 (ii)新規参入者

 (iii)顧客

 (iv)代替品提供者

 (v)仕入先


(3)3 3C

 (i)Customer 顧客

 (ii)Competitor 競合

 (iii)Company 自社


(4)3 STP

 (i)S = Segmentation セグメンテーション

 (ii)T = Targeting ターゲティング

 (iii)P = Positioning ポジショニング


(5)4 4P

 (i)Product プロダクト(商品)

 (ii)Price プライス(価格)、

 (iii)Place プレイス(販路などのチャネル)、

 (iv)Promotion プロモーション(販促施策)



●流行に流されることなく、自分なりの答えの出し方の「型」を持ちましょう。

 そして、「型」を使いながら、その活用スピードや質を上げていきましょう。



#読書 #ビジネス



西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク―未来を洞察する「メタ思考」入門』



posted by ろむーん at 15:29| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。







△ページのはじめに戻る