2021年02月23日

210223 小山龍介 / 『会計HACKS!』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小山龍介 / 『会計HACKS! 楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣』



●私たちが直面する2種類の問題

(1)解決することの難しい問題

 さまざまな要素が絡み合っていて、

 問題があることは分かっているけれど容易に解決できないもの。


(2)目に見えない問題

 目に見えるまで顕在化すれば解決は簡単だけれども、

 そう簡単に表面化しない問題。

 そこに問題があること自体が分からないような問題。



●目に見えない問題 ラテマネーの解決方法

 記録をしていくこと。

 記録としてレシートを保管しておく。

 上から順に箱に放り込んでおく。

 レシートがもらえないときは出金伝票やメモ帳に記録。


 レシートを「必要なもの」「不必要なもの」に分けるだけでも、

 次回は無駄遣いしないように気をつけようと反省することができる。


 衝動買いは、振り返ったときにその無駄が分かるもの。


 無駄遣いしやすいものをリスト化して認識する。



□『新レシート貼るだけ家計簿』

 レシートを累積金額に合わせて、棒グラフのように縦に貼っていく。



●銀行の通帳への記録

 光熱費・通信費・住宅ローンなどの引落し、生活費の引出し



●銀行口座を分ける

 日常用・貯蓄用(絶対に手を付けない)・投資用(余裕資金)など



□本多静六『私の財産告白』

 本多式「4分の1天引き貯金法」


「貧乏を征服するには、

 まず貧乏をこちらから進んでやっつけなければならぬと考えた。


 貧乏に強いられてやむを得ず生活をつめるのではなく、


 自発的、積極的に勤倹貯蓄をつとめて、


 逆に貧乏を圧倒するのでなければならぬ。」



●返済ファーストの原則

 ローンの返済こそがもっとも賢く、確実な「投資先」だからです。


 ローンの返済はリスクはありません。

 必ずローンの利息分の支出が減る。



●よく知った業界に対して長期的に投資をしていけば、

 短期投資に比べれば相対的にリスクは減る。



●卵は一つのかごに入れない

 ←→ 一つのかごに入れて慎重に運ぶ



●企業のお金の動き キャッシュフロー計算書

(1)営業活動

 本業(営業活動)における現金の増減


(2)投資活動

 設備投資、株の売買といって投資活動における現金の増減


(3)財務活動

 銀行借入や返済といった財務活動における現金の増減



#読書 #財テク







posted by ろむーん at 04:49| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

210217 小山龍介 / 『会計HACKS!』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小山龍介 / 『会計HACKS! 楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣』



●家計における利益=節約額=貯金額



●節約は絶対額で考える。

例 100万円の商品が1%割引になる。

  1万円のものが半額になる。


  1万円が半額になるほうを選びがちだが、

  絶対額で言えば、

  100万円の1%割引 → 1万円引き

  1万円の半額 → 5000円引き

  100万円の1%割引が倍、お得。



●人はパーセンテージに惑わされてしまう。


●大きな金額になると金銭感覚が麻痺してしまう。



●参照点依存性

「〜にしては安い」「〜の割には安い」



●年間の節約目標を立てる



●プリペイド予算管理術、プリペイド節約法

 あらかじめ決めておいた予算をプリペイド型ICカードにチャージしておき、

 その予算内でやりくりする。


 ゼロになったらその月の予算は終了なので、翌月になるまで我慢する。


 自動チャージ機能は、必ずオフにする。 


 ICカードは履歴が残るという利点がある。



●ラテマネー、見えない負債


□デヴィッド・バック

『自動的に大金持ちになる方法〜オートマチック・ミリオネア』


 大金持ちになるためには大金を稼ぐ必要はなく、

 それよりも一日数ドルのラテマネーを節約することが大切。


 習慣化してしまい、無意識のままお金を費やしてしまっている状況

「お金の生活習慣病」と呼んでもいいでしょう。



●価格の妥当性

 絶対的な基準があるわけではなく、

「この程度だから」という相対的な基準で決まります。



●会計 豆大福問題

 製造原価30円、販売価格が100円の豆大福を落としてしまった。

 何円の損失でしょうか?


(1)原価の30円

(2)利益の70円

(3)販売価格の100円


 売れるものを失ったことにより、

 販売価格100円を得られる「機会を失った」と考えることができる。


 ラーメン屋が原価100円のラーメンを300円で提供。

 お客さんがラーメンをこぼしてしまったので、

 新しいラーメンを作ってあげた。この場合の損失は?


 売上は変わらず、ラーメン2つ分に原価が増えたので、

 原価100円の損失。


 一日の最後にはいくつか売れ残ってしまうドーナツ屋が

 原価30円、販売価格100円のドーナツ1個を落としてしまった。

 この場合の損失は?


 毎日売れ残りが出ているので、実は、損失はゼロ。



●費用の考え方

(1)機会費用(オポチュニティコスト)

 そのことによって、本来得られたはずの利益を犠牲にしてしまう

 という意味での費用。経営判断で重要となる費用の考え方。


(2)原価

 商品を作る上で発生する費用。


(3)埋没費用(サンクコスト)

 すでに発生した費用で、経営判断するときには無視してよい費用。



□中元文徳『豆大福分析からはじまる損得勘定学入門』



#読書 #財テク








posted by ろむーん at 09:50| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

210215 小山龍介 / 『会計HACKS!』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小山龍介 / 『会計HACKS! 楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣』



●購入した住宅の評価損。

 購入したときには新築だったものでも、

 住み始めたとたん中古住宅になり、評価額はすぐに下落します。


 購入してすぐの段階では、多くの家計で

 債務超過の状態に陥っていることが想像できます。



 一方、負債については、勝ちの変化を受けて下落することはありません。



●ローンの支払い金額ではなく、

 ローンが少しずつでも減っていく様子をウォッチする。



●会計が、価値が減らないと考えている2つのもの

(1)地球=土地

(2)芸術


お金持ちになると、不動産と絵画を購入するという話がよくありますが、

その理由の一つは、時間による減価がないからです。



●(著者の)マンション購入条件

(1)一軒家よりもマンション(売買市場が大きく売りやすい)


(2)徒歩10分居ないの駅近。

(中古価格が値崩れしにくい。

 バス便マンションだと中古で売るのが非常に困難。)


(3)5年居ないの築浅。

(10年後でも十分売却できる)


(4)これから開発の進む地域。

(10年後、場合によっては値上がりが期待できる。

 マンションが「経年”優”化」する。



□藤沢侑『「ダメマンション」を買ってはいけない』



●最新のパソコンを購入し、使っていたものを中古で売却。

例 20万円で購入 

  → 一年後、7割の値段で売却 14万円

  → 再び最新のパソコンを20万円で購入

  → 実質6万円で最新パソコンが手に入る。



●パソコンの選び方

・レッツノートなどの人気機種を選ぶ。

・汚さないよう、しっかりカバーをつけて使用する。

・付属品や箱、保証書、取扱説明書もなくさないように気をつける。



●とある会社の社長さん

 立派な庭付きの豪邸を建てるとき、

 将来、結婚式場として使えるように設計をしたと言います。



●できるだけ土地にお金をかけ、建物にはお金をかけすぎないことが

 資産価値の維持と流動性確保には重要なのです。



●ロバート・キヨサキ『金持ち父さん 貧乏父さん』

「現金をもたらしてくれるものは資産、

 現金を奪っていくものはすべて負債」



●時間を奪うものを負債と考える。

 経営戦略の言葉で機会費用、オポチュニティコストと呼んだりします。


●家計においても、必要な資産を必要なだけ持つ、

 スリムな家計運用を心がける時代。


#読書 #財テク







posted by ろむーん at 14:11| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

210212 小山龍介 / 『会計HACKS!』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小山龍介 / 『会計HACKS! 楽しんで資産を増やすお金のコツと習慣




●感情と勘定のバランス



●会計の一番の魅力

 原因と結果を同時に表示する。



□ジェームズ・アレン『「原因」と「結果」の法則』

 自己啓発本の元祖といわれる。



●ハック家計簿

 すべての支払いをチェックするのではなく、

 残高だけを見ていくだけのカンタン家計簿。


 家計簿をつけた日の残高だけを記録すれば大丈夫(残高ルール)。


●おさつルール

 小銭を数えない。


 税金の所得計算は最終的に千円単位で行う。

 企業の会計なら百万円単位になる。



●気まぐれルール

 毎日つけない。

 毎週、毎月、3か月に1回など。



●ブタの貯金箱効果

 前回よりも残高が増えていく様を見ていると、自然と

「もっと残高を増やしたい!」というモチベーションへとつながっていきます。


 こうした残高チェックがもたらすモチベーションアップの効果のこと。



●見えない負債チェックリスト

 自動車に付随してかかる駐車場代、車検代などのような

「見えない負債」をリスト化して把握する。



●ラテマネー

 意識しないまま習慣的に行っている無駄遣いのこと。



●貯蓄用の口座

「自分への支払い」を優先する。



●プリペイド型ICカード

 手間をかけずに予算管理できる。

 何に使ったかも自動記録してくれます。


●必要・不必要ボックス

 出費したものを、必要・不必要に分けて、出費の有効性をチェック。



#読書 #財テク







posted by ろむーん at 10:08| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

200210 齋藤孝 / 『小学校では学べない一生役立つ時間の使い方』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★齋藤孝 / 『小学校では学べない一生役立つ時間の使い方』



●「時は金なり」

 時間はお金と同じ、いやそれ以上に大切な財産なんだ。


 自分の時間は他人の時間を取りかえることはできないし、

 一度過ぎ去った時間は、二度と取り戻すことはできない。


 後で後悔しないために、子どものうちから、

 時間を上手に使う練習をしておこう。



●やるべきことを早く終わらせれば、自分の自由な時間も大切にできる。


 自由な時間をつくるためには、勉強や習い事などやるべきことを

 テキパキと終わらせて、ムダな時間を減らす必要がある。



●未来の時間を上手に使うためには、管理することが大事。


 学校の時間割もそのひとつ。

 その日に何を勉強するか決まっているから、

 時間をムダなく効率良く使える。


 あらかじめ時間の使い方を決めて管理すると、

 頭の中で予測して準備することができる。

 次はこれ、次はあれ、という風にリズムができるからあわてずに済む。


 1週間のリズムも大事だから、やるべきことを決めて、

 カレンダーや手帳に予定を書き込むようにしよう。


 後で後悔しないためにも、未来の時間を管理する習慣を身に付けよう。



●1週間、7日間のうちでも、元気な日と疲れてくる日があるから、

 いつ大事なことをやったほうがいいか考えよう。



●1か月は4〜5週間、1年は52週間だから、

 1週間ごとの計画で君の未来は決まるよ。



●3色ボールペンで、

 赤・・・すごく大事なこと。必ずやる。

 青・・・まあまあ大事なこと。できればやる。

 緑・・・自分だけがやりたいこと。好きなときにやる。


 赤はあまりつめ込みすぎないようにしたほうがいいよ。



●手帳に予定はもちろん、

 面白かったことや気になったことも書いておくと、

 後で見返したときに楽しめる。



●目標を決めて、できたことが増えると、毎日が面白くなってくるよ。



●もしできなかったとしても、予定を立て直して、

 またチャレンジすればいいからね。



●ピーター・ドラッカー

「現代経営学の父」とも呼ばれている。


「マネジメント(経営の管理)」「民営化」「知識労働者」

 といった言葉を生み出した。


「時間をマネジメント(管理)できない者は、

 他のなにものもマネジメントできない」と言っている。



●時間管理法「アクションプラン」

 具体的な計画を作って実行するやり方。


 行動する前に目標をつくり、それをいつまでにやるかを決めて、

 計画に沿って実行。



●集中力は、練習することで高まっていく。



●作家 スティーヴン・キング「外界シャットアウト術」

「この時間はこの場所で勉強して、他のことはやらない。電話にも出ない」

 と決め手、シャットアウトしていた。



●物理学者 アルベルト・アインシュタイン

 集中するときは集中するけど、リラックスする時間も取り入れることで、

 メリハリのある生活を送っていた。



●南方熊楠(みなかた くまくす)

 何でも書き写していくことで、知識を自分のものにしていった。

 数年がかりで、全105巻の百科事典を書き写したこともあるそう。



●知識の「入力」と「出力」をくり返して、知性を磨く。



●勉強や仕事ができる人を見ていると、時間に遅れないどころか、

 いつも余裕を持って行動している人が多い。


 行きあたりばったりでやっていると8時間かかることも、

 計画的に段取りよく進める人は5時間で終わらせたりしている。

 すると、あまった3時間は遊べるんだよね。


#読書 #自己啓発 #人生訓






posted by ろむーん at 09:40| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る