2020年11月18日

201118 西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク』 読書グラフィ 今日読んだ本


読書グラフィ 今日読んだ本

★西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク―未来を洞察する「メタ思考」入門』



●システム・シンキング

 モノゴトの全体構造を、

「要素の複雑な絡み合いの結果」として理解し、

 その絡み合いの結果(システムと呼びます)の行く末や、

 改善案について考えるという思考法。


「絡み合った要素の全体を構造として見る」考え方。



●システム・シンキングを理解するキーワード

(1)因果関係のリンク


(2)相互依存のフィードバック

 要素が互いに依存し影響を与えあっている(相互依存)、

 相互依存の形が、「原因→結果→原因」というように

 廻る形(フィードバック)になっている。


(3)時間的遅れ

「品薄→品切れ」「品切れ→クチコミ悪化」といった

 ゆっくりとした時間変化。


(4)時系列グラフ

 要素は、時間の推移に沿ってさまざまな動きを示す。



●レストランガイドとして有名なミシュランのガイドブック

 元々は、ドライバーのために

 タイヤの交換方法やフランスの主要都市間の距離、

 ホテルなどを掲載していた小冊子でした。


 自動車旅行を盛んにしタイヤの使用を促すために、

 地方のレストランを載せるようになったと言われています。



●システム的課題を発見、解決するときの4つのポイント

(1)結果の近くで原因を探さないこと。

 思わぬ副作用が生まれることがあります。


(2)意思決定の中長期インパクトを考えること。

 いかに短期的に正しそうに思える対策でも、

 中長期での副作用は何かを考えておく必要があります。


(3)ボトルネックを探して、レバレッジ(てこの原理)を効かせること。

 システムのボトルネックがどこにあるか。

 例:歯磨き粉「使用量の限界」→「家庭内在庫」
 

(4)交錯する意思決定を切り離すこと。

 例:短期的解決策と中長期的解決策について、

 資源の分配を決めておき、バランスさせたりすることが必要です。



#読書 #ビジネス



西村行功 / 『戦略思考のフレームワーク―未来を洞察する「メタ思考」入門』


posted by ろむーん at 10:36| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

201118 清水昭 / 『体温を上げて健康な体を手に入れる』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★清水昭 / 『体温を上げて健康な体を手に入れる』



●体を温める食品

・温かい料理

 スープや鍋、蒸し漁師、煮物など温かい料理。


・スパイス類

 こしょう、唐辛子、シナモン、サフラン、カルダモンなどのスパイス類。


・香味野菜

 しょうが、ねぎ、にんにく、香草など薬味に使われる香味野菜類。


・色の濃い野菜

 アスパラガス、ブロッコリー、ほうれん草、トマト、パプリカなど。


・タンパク質を含む食品

 肉類、魚類、卵などタンパク質を多く含む食品類。



●適正エネルギーの算出

 標準体重から求める。


(参考:https://www.chugokuh.johas.go.jp/eiyo/ene.htm



●実証(じっしょう)、中庸(ちゅうよう)、虚症(きょしょう)

・実証

 エネルギッシュ、声が大きい、顔色がよい、筋肉質、

 新陳代謝が活発、疲れにくい


・中庸

 実証と虚症の間の理想的な血圧・体温、

 代謝機能も正常。病気になりにくい体質。


・虚症

 疲れやすい、声が小さい、顔色が悪い、やせ型、低血圧、

 神経質でナイーブ



●体の機能を司る3つの要素

(1)気(き)

 自律神経系


(2)血(けつ)

 内分泌系


(3)水(すい)

 免疫系



●冷え性と低体温

 冷え性は、手足が冷える状態。

 体の中で作られる熱そのものが少なく、

 体が内臓や血液の温度(深部体温)が下がるのを防ごうと

 手や足の血管を収縮させることで起こります。

 冷え性の人の手足が冷えるのはそのためです。


 低体温は、体温が低い状態。

 平熱が36度未満と低いのに、冷え性のように体温が下がるのを防ごうとする

 手や足の血管の収縮が起こらず、

 どんどん熱が放出されてしまう傾向の強い人にみられます。


 血管を収縮させる交感神経の働きが低下していると起こります。

 手足はぽかぽかと温かいので、

 自分自身で体温の低下に気づかず、放置している人も多いようです。



#読書 #健康 #養生訓



清水昭 / 『体温を上げて健康な体を手に入れる』


posted by ろむーん at 09:52| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る