2020年09月30日

200930 亀谷保孝 / 『かめさん流スローな投資術』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★亀谷保孝 / 『かめさん流スローな投資術〜「金・株ETF・REIT」この3つだけで老後準備はOK!』



●グリーンスパン 元FRB(米国連邦準備制度理事会)議長

「バブルは、はじけて初めてバブルと分かる」



●内閣府 景気動向指数

 景気の動きを先取りする先行指数にTOPIX(東証株価指数)が含まれ、

 株価は景気より6か月先に動く、とも言われます。



●かめさん流 3つのカギ

(1)「のんびり、ゆっくり行こう、最後にかめは勝つ」=長期投資

(2)「江戸の敵を長崎で討つ」=分散投資

(3)「挑戦者へのご褒美」=リスクプレミアム



●2008年 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)

「FX取引はギャンブルと同じ」と断定し、禁止に踏み切った。



●ミセス・ワタナベ

FX取引の儲けを申告せずに脱税で摘発された主婦から名付けられた。



●ビックマック指数

参考:https://ecodb.net/ranking/bigmac_index.html



●お金を「財布」「金庫」「宝箱」に分けよう

(1)財布=生活資金

 生活費、住宅ローン、社会保険料、税金、予備費


(2)金庫=長期資金

 住宅頭金、教育資金、結婚資金、リタイア後の生活資金


(3)宝箱="夢"資金

 人間資本投資、金銭資本投資、趣味、社会貢献



●強いて挙げるなら、シニア割引のある証券会社を選ぶ



●ETF 参考 モーニングスター

http://www.morningstar.co.jp/etf/



※実践は自己責任で。


#読書 #財テク



亀谷保孝 / 『かめさん流スローな投資術〜「金・株ETF・REIT」この3つだけで老後準備はOK!』


posted by ろむーん at 16:45| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月28日

200928 ビジネス哲学研究会 編 / 『心を強くする名指導者の言葉』読書グラフィ今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★ビジネス哲学研究会 編 / 『逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉』



●第29代 内閣総理大臣 犬養毅(いぬかい つよし)


「順境とか逆境とか、貧富とかいうことを苦にするとせぬは、

 畢竟(ひつきょう)目的が定まって居るか居ないかに在る」



●USスチール創業者 J.P.モルガン


「どこかにたどり着きたいなら、

 今いるところには留まらないことを決心することだ。」


 留まっていれば現状維持ができると思い込んでいるようだが、それは違う。

 今いるところに留まっていれば、待っているのはじり貧だけなのである。



●イギリスの政治家 ベンジャミン・ディズレーリ


「予想していることはまずおこらない。

 おこるのは、たいてい予想していなかったことだ。」


 傾向と対策に頼りすぎないということ。


 予想しないことが必ずおきると想定して、

「余力」「余白」の部分を残すようにしておけばいい。


 たとえ予想外の事態がおきたとしても、

 その「余力」「余白」の部分で柔軟に対応できる。



●アメリカ合衆国 元司法長官 ロバート・F・ケネディ


「人々の五分の一は、どんな提案にも必ず反対するものだ。」



●グーグル会長 エリック・シュミット


「リーダーにとって最も重要な資質は、人の意見を聞いて学ぶ能力。

 なぜなら、誰もすべてのことを知ることはできないからだ。」


 歴史上の人物の中には

「側近を選ぶことが、指導者にとって最も大切な仕事」

 と言い切る者もいるほど。



●三洋電機 元副社長 後藤清一(せいいち)


「部下指導のコツは、「五たい」を汲み取ること。」


(1)関心を持たれたい。

(2)理解されたい。

(3)認められたい。

(4)信頼されたい。

(5)可愛がられたい。


 心理学的に見ると、

「コイツは仕事ができるぞ」と思ったら、

 上から押さえつけるよりほめて育てた方が効果的である。



●プロスキーヤー 三浦雄一郎


「老いは怖くない。目標を失うのが怖いのだ。」



#読書 #人生訓



ビジネス哲学研究会 編 / 『逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉』


posted by ろむーん at 16:34| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月18日

200918 ビジネス哲学研究会 編 / 『心を強くする名指導者の言葉』読書グラフィ今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★ビジネス哲学研究会 編 / 『逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉』



●「今がダメだから将来もダメ」ということは絶対にない。

「人間万事塞翁が馬」・・・人生における幸不幸は予測しがたいということ。

(出典:

http://kotowaza-allguide.com/ni/saiougauma.html#:~:text=%E4%BA%BA%E9%96%93%E4%B8%87%E4%BA%8B%E5%A1%9E%E7%BF%81%E3%81%8C%E9%A6%AC%E3%81%A8%E3%81%AF,%E3%81%B9%E3%81%8D%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%86%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%88%E3%80%82



●徳川光圀(みつくに)

「人は咎む(とがむ)とも咎めじ。人は怒るとも怒るまじ。」

「怒りと欲とを捨ててこそ、常に心は楽しめ。」


 一見やさしいようだが、実はなんとも難しい。

 つい文句を言いたくなるのが人間だ。


 怒りだけではない。

 さまざまな欲を忘れることが、

 心を楽しませ、心をおだやかにすることにつながるのである。



●ココ・シャネル

「かけがえのない人間になるためには、他人と違う必要がある。」



□チェスターフィールド『チェスターフィールド伯爵の息子に与える書簡』



●電通元社長 吉田秀雄

 鬼十則(おにじっそく)

(1)仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

(2)仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、

 受け身でやるものではない。

(3)大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己を小さくする。

(4)難しい仕事を狙え、死してこれを成し遂げるところに進歩がある。

(5)取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂まで。

(6)周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、

 永い間に天地のひらきができる。

(7)計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、

 そして正しい努力と希望が生まれる。

(8)自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、

 そして厚味すらがない。

(9)頭は常に全回転、八方に気を配って、

 一分の隙(すき)もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

(10)摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。

 でないと君は卑屈未練になる。



●幕末の志士 坂本龍馬

「何でも思い切ってやってみることですよ。

 どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、

 骨となって一生を終えるのだから。」



●古代中国の名言

「恐懼(きょうく)するなかれ、猶予するなかれ。

 兵を用うるの害は、猶予もっとも大なり。」


「恐れるな、ためらうな」という教え。



●三菱鉱業セメント(現・三菱マテリアル)元会長 大槻文平(ぶんぺい)

「まず決意せよ。」



#読書 #人生訓



ビジネス哲学研究会 編 / 『逆境こそチャンスなり! 心を強くする名指導者の言葉』


posted by ろむーん at 11:50| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る