2020年05月26日

200526 陳立浩 / 『ネットではじめる!輸出ビジネス』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★陳立浩 / 『ネットではじめる!輸出ビジネス』



●老華僑

 中国を離れ、危険な航海をくぐり抜けて外国に根付いた一世たち。



●日僑

 日本を飛び出した日本人のこと。



●白手起家

 中国語で「何もない裸一貫から身代を築く」という意味。



・日本の中古重機を海外へネット販売する。


・中国で日本の商品をテストマーケティングする。


・中国企業のイメージキャラクターを日本のデザイナーが作る。



●フランス バンド・デシネ(BD)

 日本のマンガに相当するもの。



●ミドル・パッケージ

例:トレードカービュー

  日本の中古車セラー(輸出者)と

  海外の中古バイヤー(輸入車)の橋渡しをする。



●インターネット・オフィス

 オフィス機能を

 インターネットの利用を通じて実現する店舗(事務所)形態の総称。


 住所貸し(会社の本店所在地の登記)、

 郵送物の受取と指定住所への転送、時間貸し会議室とケータリングサービス、

 コピー、FAX・印刷サービス、秘書・受付代行、

 固定電話番号の貸し出しと転送。



●在外法人向け

 コスメティック商品、日本の風味、伝統、高性能の語学機器、生活雑貨



●海外では珍しいが、日本では珍しくない商品は競争が激しい。

 ホビー、ジャパンブランド(文房具、工具など)、

 和を感じさせるもの、アイディア・発明グッズなど



●日本でも海外でも手に入りにくい価値の高い商材

 伝統工芸品、骨董品、茶道具・畳など日本テイストのあるもの。



●やり方しだいで商品価値が高まる商材

 日本と世界のレアモノ・キワモノ(PC関連のユニークな小物など)、

 珍しさと実用性を兼ね備えたもの、あなたが欲しいと思うもの。



●海外でも、日本でも珍しくない商品は、低価格だが、

 大量販売に向いている。



●海外の売れ筋商品で、供給が追いついていないもの。



●販売後のメンテナンスやサポート。



●利益率と売値(=商品の仕入れ価格+諸経費+付加価値)

(1)なぜ、自分がその商品を売りたいかを考える。


(2)なぜ、買い手がその商品を買うだろうかを考える。


(3)類似商品の価格を調べる。


(4)類似商品の価格帯で、あなたが(1)の理由で売りたいかを考える。


(5)類似商品の価格帯で、買い手が(2)の理由で買うだろうかを考える。


(6)(4)と(5)ともOKと判断するなら・・・

 類似商品の価格-(仕入れ価格+諸経費)=あなたの利益となる。


(7)(4)か(5)どちらか一方でもNOだと判断するなら・・・

 商品価値と付加価値の中身を再検討する。



#読書 #ビジネス



陳立浩 / 『ネットではじめる!輸出ビジネス』


posted by ろむーん at 17:40| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

200525 吉岡行雄 /『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



●事業計画書

「誰のために作成するのか」「なぜ作成するのか」

 という視点をもたなければなりません。



●事業計画書の6つの役割

(1)起業の決意を示す。

(2)課題を明らかにする。

(3)成功への裏づけを示す。

(4)多くの人の共感・協力を得る。

(5)ボトルネック(効率の悪い部分)を明らかにする。

(6)リスクを冷静に見つめる。



●事業計画書を作成するときの6つのポイント

(1)明確であること。

 起業する人の意思を伝えるため、

 曖昧な表現を避け、明確に書きます。


(2)完全であること。

 起業に関わる事項のすべてを網羅します。


(3)簡潔なものにすること。

 長々とした回りくどい文章は避け、

 単刀直入な言い回しをするようにします。


(4)素直に書くこと。

 事業のプラス面を大げさに表現し、

 マイナス面を小さくするなどの隠ぺいは避けるべきです。

 事実に沿って、ありのままを書くことが大事です。


(5)控えめに表現すること。

 ビジネスプランの内容はすべて仮説です。

 仮説は大きくも、小さくもできますが、

 仮説段階では控えめに書くことが重要です。


(6)体裁を整えること。

 事業計画書は、他人に理解してもらう必要があるので、

 見やすさや読みやすさを考えましょう。



●事業計画書 集約すべき4つの事項

(1)エグゼクティブ・サマリー

 事業概況、市場環境と経営戦略、アクション・プランの項目を

 コンパクトにまとめます。


(2)事業概要

(2)−1 会社概要

(2)−2 開業目的

(2)−3 経営理念とビジョン

(2)−4 ビジネスモデル

「何を」(商品・サービス、競合優位性、独自性、成長性など)

「どこで」「誰に」(商圏・地域、客層)

「どうやって売るのか」(販売方法、流通戦略)


「顧客がどういう利益を得られるのか」

「どの程度の売上を得ることができるのか」(需要予測)


(2)−5 事業の課題

 事業の課題や弱点も把握しておく必要があります。

 ここで特に重要なことは、

 起業後の課題や弱点をどう克服するかを示すことです。


(3)市場環境と競合

(3)−1 社会的背景

(3)−2 自社の強みと弱みの分析

(3)−3 ライバルの分析


(4)アクション・プラン

(4)−1 販売計画

(4)−2 仕入・生産計画

(4)−3 人員計画

(4)−4 資金調達計画

(4)−5 収支計画

(4)−6 リスクと開業後のスケジュール



●起業は、決して難しいものでも特別なものでもない。

 誰もが手に届く目標であって、始まりに過ぎない。


 これからの起業、自分サイズ起業。



●フレデリック・W・ルイス

「戦いに勝つ瞬間は、戦いが始まる前にある」


「起業に成功する瞬間は起業準備にある」



#読書 #ビジネス



吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』


読書グラフィ 今日読んだ本

★吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



●事業計画書

「誰のために作成するのか」「なぜ作成するのか」

 という視点をもたなければなりません。



●事業計画書の6つの役割

(1)起業の決意を示す。

(2)課題を明らかにする。

(3)成功への裏づけを示す。

(4)多くの人の共感・協力を得る。

(5)ボトルネック(効率の悪い部分)を明らかにする。

(6)リスクを冷静に見つめる。



●事業計画書を作成するときの6つのポイント

(1)明確であること。

 起業する人の意思を伝えるため、

 曖昧な表現を避け、明確に書きます。


(2)完全であること。

 起業に関わる事項のすべてを網羅します。


(3)簡潔なものにすること。

 長々とした回りくどい文章は避け、

 単刀直入な言い回しをするようにします。


(4)素直に書くこと。

 事業のプラス面を大げさに表現し、

 マイナス面を小さくするなどの隠ぺいは避けるべきです。

 事実に沿って、ありのままを書くことが大事です。


(5)控えめに表現すること。

 ビジネスプランの内容はすべて仮説です。

 仮説は大きくも、小さくもできますが、

 仮説段階では控えめに書くことが重要です。


(6)体裁を整えること。

 事業計画書は、他人に理解してもらう必要があるので、

 見やすさや読みやすさを考えましょう。



●事業計画書 集約すべき4つの事項

(1)エグゼクティブ・サマリー

 事業概況、市場環境と経営戦略、アクション・プランの項目を

 コンパクトにまとめます。


(2)事業概要

(2)−1 会社概要

(2)−2 開業目的

(2)−3 経営理念とビジョン

(2)−4 ビジネスモデル

「何を」(商品・サービス、競合優位性、独自性、成長性など)

「どこで」「誰に」(商圏・地域、客層)

「どうやって売るのか」(販売方法、流通戦略)


「顧客がどういう利益を得られるのか」

「どの程度の売上を得ることができるのか」(需要予測)


(2)−5 事業の課題

 事業の課題や弱点も把握しておく必要があります。

 ここで特に重要なことは、

 起業後の課題や弱点をどう克服するかを示すことです。


(3)市場環境と競合

(3)−1 社会的背景

(3)−2 自社の強みと弱みの分析

(3)−3 ライバルの分析


(4)アクション・プラン

(4)−1 販売計画

(4)−2 仕入・生産計画

(4)−3 人員計画

(4)−4 資金調達計画

(4)−5 収支計画

(4)−6 リスクと開業後のスケジュール



●起業は、決して難しいものでも特別なものでもない。

 誰もが手に届く目標であって、始まりに過ぎない。


 これからの起業、自分サイズ起業。



●フレデリック・W・ルイス

「戦いに勝つ瞬間は、戦いが始まる前にある」


「起業に成功する瞬間は起業準備にある」



#読書 #ビジネス



吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』


posted by ろむーん at 17:31| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

200522 吉岡行雄 /『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



●ビジネスモデル構築の6要素

(1)誰を顧客にするのか。

(2)どのような商品・サービスを提供するのか。

(3)どのような方法で提供するのか。

(4)顧客はどのような利益を得ることができるのか。

(5)最終的にどの程度の売上げを得ることができるのか。

(6)あなたはどんな方法で利益を得ることができるのか。



●起業の3つのパターン

(1)キャリア重視型

(2)新分野進出型

(3)FC(フランチャイズチェーン)加入型



●従来の商品・サービスのいいところ

(1)顧客のニーズをどのように満たしているか。

(2)顧客がどう魅力的に感じているか。

(3)顧客がどう満足しているか。

(4)顧客の問題をどう解決しているか。



●自己実現できるビジネスモデルを創る3つのステップ

(1)顧客ニーズを満たせること。

・顧客を捉える目線がずれないこと。


(2)自分に合っていること。

・得意と好きの両輪が必要(両者は相関関係にある)。


(3)自分が成長できること。

・自己実現を目指そう。



●起業する人のビジネス資源の「強み」「弱み」(SWOT分析)

・S=Strength(強み)

 起業する人のビジネス資源の強み。


・W=Weakness(弱み)

 起業する人のビジネス資源の弱み。


・O=Opportunity(機会)

 起業にとって機会(チャンス)となる外部環境。


・T=Threat(脅威)

 起業にとって脅威(不利)となる外部環境。



●SWOT分析

(1)強み x 機会

 起業を有利にできることは何かを検討する。


(2)強み x 脅威

 起業に不利な環境を強みでチャンスにできないかを考える。


(3)弱み x 機会

 起業にとってチャンスとなる環境があるので、

 弱みを改善できないかを考える。


(4)弱み x 脅威

 起業にとって不利な環境に弱みが重なっているので、

 起業に失敗しない方法を検討する。


(4)の部分があまりにも大きい場合には、

 起業の見直し・延期を含めて、ビジネスモデルを再検討する必要があります。



●「強み」「弱み」を分析するビジネス資源

(1)人

 人脈、人材面からの強みと弱み。


(2)モノ

 商品・サービス、価格、流通、プロモーションなどの強みと弱み。


(3)金

 開業資金は十分確保できたのか、

 またそれは自己資金であるのか、借入金なのかにより、

 強みと弱みを把握します。


(4)情報

 起業する人がもっている情報、情報管理などの強み・弱み。


(5)時間

 朝型、スキマ時間の使い方など、

 起業する人のタイムマネジメントの強み・弱み。



●売れる仕組み 3つのステップ

(1)集客

 商圏内にいる顧客の中から、見込み客を発見・発掘する。


(2)新規開拓

 見込み客を既存客にする。


(3)固定客

 既存客を固定客にする。



●広告の費用対効果を把握する2つの指標

(1)CPI(Cost Per Inquiry) 資料請求者発生単価

 見込み客を一人あるいは一社獲得するのに要したコスト。


(2)CPO(Cost Per Order) 注文獲得単価

 一件の注文(一人の顧客)を獲得するのに要したコスト。



●新規開拓成功のための7つの対策

(1)見込み客との信頼関係を構築する。

(2)会社および商品・サービス等の情報を提供する。

(3)相手に負担をかけないため、単品・補助的商品からでも取引する。

(4)相手の利益になることを提示する。

(5)見込み客がお得感を時間できる言葉を用意しておく。

(6)どれだけ成約に近づいているかを常に把握する。

(7)自分の勝ち(成約)パターンを見つける。



#読書 #ビジネス



吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



posted by ろむーん at 10:56| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

200520 吉岡行雄 /『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



●自分オリジナルの名刺

・個人名

 場合によっては(将来の)屋号、肩書き。


・キャッチフレーズ

 起業にかける思い、気概を簡単に示します。


・個人の情報

 現住所、電話・FAX、携帯電話

 メールアドレス、ブログ、URL


・個人のプロフィール

 生年月日、出身地、学歴、職歴など


・自己紹介

 ときには失敗談を交えて詳しく自分を紹介します。


・起業しようとする内容

 できる限り具体的に書きます。


・現在の仕事内容

 自分の得意分野、専門分野を書きます。


・個人の趣味・活動

 趣味・活動であなたの人柄をPROします。


・顔写真

 似顔絵もありですが、アピール度は顔写真が優ります。



●鉄鋼王 D・カーネギー

「人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に戻ってくる。」



●情報収集

・知恵

 情報を有効に活用できるレベル。


・知識

 情報の内容を覚えているレベル。


・保存レベル

 情報の保存場所を覚えていればいいレベル。



●情報を効率よく整理するための基本は紙のサイズをそろえることです。



●企業の最大の使命は、倒産しないこと。



●起業する人は、「必勝の心構え」をもち、「不敗の行動」を取る。



●経営に必要な主たる知識

・会社

・経理や税務と資金調達

・経営分析

・営業

・人

・リスク



●経理や税務 身につけるべき4つの項目

(1)財務諸表

 代表的なものは、会社の財産状況を示す「貸借対照表」、

 会社がどれぐらい儲かっているかを表す「損益計算書」、

 資金が効率よく運用されているかがわかる「キャッシュフロー計算書」です。

 これらが一般的に「財務三表」称されるものです。


(2)経理

 経理をするには、簿記の知識、現預金・売掛金・在庫管理の知識、

 資金繰りの知識、小切手・手形の知識が必要です。


 簿記には単式簿記と複式簿記があります。


 単式簿記は、日々の取引と収入と支出の関係のみで記録するので、

 損益の状況(損益計算書)しか示せません。


 複式簿記は、日々の取引を「資産・負債・資本・収入・支出」の

 5つの要素をもって記録します。

 複雑になりますが、損益の状況(損益計算書)と

 財産の状況(貸借対照表)を示すことができます。


(3)税金

・個人事業

 個人に対する所得税、住民税、事業に対する事業税。


・法人事業

 法人税、法人住民税、法人事業税、消費税など。



(4)資金調達



●経営分析

・生産性の指標

「1人当たりの付加価値」「労働分配率」など。


・収益性の指標

「総資本経常利益率」「1人当たり経常利益」など。


・安全性の指標

「自己資本比率」「固定比率」など。


・固定費と変動費

-固定費

 人件費、地代家賃、租税公課など。


-変動費

 材料費、外注加工費など。
 


●ランチェスター戦略「弱者の戦略」の例

・局地戦で戦う(ニッチ(スキマ)市場を狙う)。

・一騎討ちをする(ライバルが少ない市場を狙う)。

・接近戦をする(行き届いたサービスで戦う)。

・一点集中に徹する(ターゲットを定める)。

・陽動作戦を展開する(自社の強みを活かす戦いをする)。など



●リスクに関する知識

・リスクを回避する方法

-得意先の倒産

 取引先を分散し、事業の状況を事前に察知します。

-仕入先の倒産

 常に仕入先を開拓して、最悪の事態に備えます。

-経営者の健康、火災

 日頃から健康・防災に留意するとともに、後継者の育成に努める。


・リスクを被ったときの対処方法

-得意先の倒産

 できる限り素早く回収に努め、

 回収不能による資金繰りの悪化を回避するため、

 倒産に対する保険である「中小企業倒産防止共済制度」に加入しておく。


-仕入先の倒産

 他のルートから仕入れをできるよう

 日頃から複数の仕入れルートを確保しておく。


-経営者

 健康を害し、亡くなることを想定して、経営者保険に加入するとともに、

 後継者にバトンタッチできるような体制づくりをする必要がある。


-火災

 保険でカバーできるように損害保険に加入しておきます。 



#読書 #ビジネス



吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』


posted by ろむーん at 10:01| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

200520 吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』



●アメリカの軍人 フレデリック・W・ルイス

「戦いに勝つ瞬間は、戦いが始まる前にある」



●緊急性と重要性のマトリックス

(1)「緊急」かつ「重要」

現在の仕事、絶対必要な冠婚葬祭、病気、事故、災害など。


(2)「緊急ではない」が「重要」

起業準備、人脈・人間関係づくり、健康維持など。


(3)「緊急」であるが「重要でない」

無意味な冠婚葬祭、突然の来訪、雑事。


(4)「緊急ではない」し「重要でない」

単なる暇つぶし、遊び、世間話。



●企業を成功させる3つの人脈

(1)ビジネス人脈

顧客・仕入先・パートナーなど、

主としてハード面、つまり販売面から支えてくれます。


(2)ブレーン人脈

ソフト面からバックアップしてくれる人脈です。

例:経営コンサルタント、税理士など、専門的な知識をもったエキスパート。


(3)情報人脈

あなたに情報を提供してくれる人脈です。

情報人脈を築くメリットは、収益に結びつく情報が得られること、

損失を事前に予測する情報が得られることなどです。



●人づきあいは「Give and takeの関係であれ」といわれますが、

 人脈を築くには、「Give and give」を意識しなくてはならないのです。



#読書 #ビジネス



吉岡行雄 / 『起業を決めたその日から朝晩2時間の習慣を変えなさい!!』


posted by ろむーん at 06:48| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る