2019年07月30日

190730 ロバート・キヨサキ / 『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★ロバート・キヨサキ(著)、トム・ホイールライト(著)、岩下慶一(訳) / 『金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か?』



●格差が生じる5つの理由

(1)グローバリゼーション

 仕事は低賃金の国に流れる。

 金持ちは工場を所有しているため、

 より低賃金の労働者を雇うことでもっと金持ちになる。


(2)テクノロジー

 企業のエンジニアはロボットかソフトウェアかAI(人工知能)に

 取って代わられるだろう。


(3)金融化

 金融市場や金融機関、金融エリートが

 経済政策やその経済的成果に対して、より大きな影響力を得るためのプロセスのこと。

 金融機関や市場などがその規模や影響力を増大させるプロセスのこと。

 金融工学として知られる。


(4)権力の私物化、泥棒政治(クレプトクラシー)

 (i)権力の座にいる人間が国家の資源を搾取し奪う政府のこと。泥棒による統治。

 (ii)指導者が被支配層から略奪することで、私腹を肥やし、権力を得る社会。


(5)ベビーブーマー世代の破綻

 ベビーブーマー世代の収入と支出のピークは何年も前に過ぎ去った。



●ウォーレン・バフェット

「一つお伝えしたいことは、最悪の投資は現金だということだ。

 誰もが現金は王道だと言うが、

 現金は時間が経つにつれ価値を失っていく。」



●B(ビジネス)クワドラントとI(投資家)クワドラントの人間は、

 税の優遇措置のために働く。

 彼らは税控除を通じて、間接的により多くのお金を稼いでいる。



●金持ち父さんは間違いに大きな敬意を払う。彼は言う。

「間違いは神からのメッセージだ。

 間違いを通じて『目を覚ませ。注意しろ・お前が知るべきことがあるぞ』と

 あなたに告げているのだ。」



●逆イールド

 長期国債の金利が短期国債よりも低い状態。

 将来的な金利下落を市場が予測していることを意味する。



※実践は自己責任で。


#読書 #財テク





金持ち父さんのこうして金持ちはもっと金持ちになる: 本当のフィナンシャル教育とは何か? (単行本)





>>>楽天ブックスでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム・送料無料)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)





posted by ろむーん at 08:55| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

190729 野地秩嘉 / 『企画書は1行』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★野地秩嘉 / 『企画書は1行』



●トヨタウェイ2001

 基本理念をまとめたもの。

 社員が共有すべき価値や行動の規範を記してあり、キーワードは5つ。

(1)チャレンジ

(2)カイゼン

(3)現地現物

(4)チームワーク

(5)リスペクト



●トヨタの工場 「よい品よい考」



●シャープ 井上隆


「モノを生産すれば売れる時代ならば、

 ユーザーの声をよく聞くことから商品を発想できます。


 しかし、今やモノが溢れています。


 ユーザーの声や要望を反映することは商品の改善にはつながる。


 けれども、まったく新しい商品を作ってくれ

 と言うユーザーは、まずいません。」



#読書 #ビジネス





企画書は1行 (光文社新書)





>>>楽天ブックスでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム・送料無料)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)






>>>Amazonでチェック(Amazonポイントシステム)


posted by ろむーん at 08:45| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月26日

190726 リチャード・クラフォルツ、アレックス・クラークマン / 『ザ・キャッシュマシーン』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★リチャード・クラフォルツ、アレックス・クラークマン(著)、三本木亮 (訳) / 『ザ・キャッシュマシーン』



●TOC(Theory of Constraints、制約条件の理論)継続的改善のための5つのステップ


(1)制約条件を見つける。

(2)制約条件を徹底的に活用する。

(3)非制約条件を制約条件に従属させる。

(4)制約条件の能力を高める。

(5)(1)に戻る。



●一つの生産ラインにボトルネックは二つはない。

 一つしかないんだ。

 だから、ボトルネックは一つずつ解消していかないといけない。


 一つ解消できたら、

 また新たに発生したボトルネックを探していくんだ。



●製造の主なステップ


(1)注文管理担当者がオーダーを受理します。

 (a)製品の仕様

 (b)当該契約による粗利益

 (c)顧客の財務状態

 を確認。


(2)オーダーを承認します。


(3)注文管理担当者へオーダーが戻され、

 オーダーされた機器が、在庫あるいは製造計画から割り当てられます。


(4)承認済みオーダーが製造担当へ渡されます。

 顧客オーダーごとに、

 製品のインテグレーション(統合)あるいは

 カスタマイゼーション(顧客の仕様に合わせた設計製造)を行ない、

 検査、梱包を行ないます。


(5)出荷管理担当者へオーダーが渡され、オーダーの出荷先を確認します。


(6)注文管理担当者へオーダーが戻されます。

 顧客サービスへ製品インストールの依頼を出します。

 このあとCOI(Completion of Installation=インストール完了)。


 COIはまた別のプロセスとして分けられています。

 COIのあとには、保証と売上金回収のプロセスが続きます。



●成長は確かに大切です。しかし、成長は行動の結果です。


 成長を強要したり、成長率ばかりを気にしていては、

 不適切な経営判断につながりかねません。



●まず最初に

 本当の市場ニーズを満たすことのできる製品を開発すべきだと思います。


 それができてからはじめて、競合他社を観察し、

 自分たちをどのポジションに置くべきかを考え、

 そしてマーケットシェアのことを考えればいいんです。



●価格設定も同じだと思います。

 私は、まず最初に市場の価格を見て、

 それから自分たちのコストやマージンを考えるべきだと

 いつもみんなに言っています。


 まず最初に、自分たちのビジネス、製品、業務そして市場に集中するのです。


 成長は、その結果としてついてくるのだと思います。



●UDE(=Un Desirable Effects。好ましくない結果)TOC用語。すべての問題。



●ABP(=Aggressive, But Possible。厳しそうだが、やればできる。)


※標語の一例として。



●CPM(Critical Path Method)

プロジェクト・マネジメントの標準。

プロジェクトに必要なタスクを

すべてチャートに書き出して管理するというのが基本的なやり方。


書き出したタスクの中で、タスクが時間的にいちばん長く連なった部分、

つまりチェーン(鎖)が、プロジェクト全体を完了するのに必要な時間である。


このチェーンは、クリティカル・パスと呼ばれています。


リソースの配分にあたっては、

クリティカル・パスにリソースが最優先して割り当てられる。



●これまでのタスクに割り当てられていた保護時間を取り除き、

一旦まとめてから、3つのバッファに分ける。

(1)プロジェクト・バッファー

 クリティカルチェーンのいちばん最後に置かれます。


(2)合流バッファー

 クリティカルチェーン以外の経路が

 クリティカルチェーンに合流する直前に置かれます。


(3)リソース・バッファー

 ある種の準備命令。

 クリティカルなリソースが必要とされる時に、すぐに使えるように、

 前もって通達を出しておくのです。

 タスクがやってきたらすぐに作業に取りかかれるようにするのです。



#読書 #ビジネス





ザ・キャッシュマシーン





>>>楽天ブックオフオンラインでチェック。<楽天市場・古本>


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




>>>Amazonでチェック(Amazonポイントシステム)

posted by ろむーん at 08:55| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

190724 リチャード・クラフォルツ、アレックス・クラークマン / 『ザ・キャッシュマシーン』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★リチャード・クラフォルツ、アレックス・クラークマン(著)、三本木亮 (訳) / 『ザ・キャッシュマシーン』



※ストーリー形式で引き込まれる。
 学びポイントを読み流しそうになるので注意が必要。



●TOC(Theory of Constraints、制約条件の理論)



●TOCの目的は、企業マネジメントを

 アートからサイエンスに変えることにあると謳っている。


 つまり、複製したり他の者に移譲することが不可能な

 個人の才能に多くを頼る活動から、


 組織的に構築され、複製も可能、

 また誰にでも学習、理解が可能な一定の法則やルールによって治められた

 何かへ変換するというのだ。


 さらには、その実際の適用は”思考プロセス(Thinking Process)なる方法論に

 基づいていると説明している。



●TOCは、システム全体のパフォーマンスは、

 実は、数少ないいくつかの制約条件によってのみ左右されると唱えている。


 制約条件が何かを見つけることができれば、

 今度は制約条件を活用して

 システム全体のパフォーマンス向上につなげることができる。



●販売の10ステップ

(01)顧客洗濯

(02)顧客検証

(03)ニーズ評価

(04)確認書

 顧客のニーズが分かったら、それを書面かメールにまとめて、顧客に渡す。

(05)プレゼンテーション

(06)提案と技術チェック

(07)デモ

(08)見積もり提出

(09)交渉

(10)クロージング(契約)



●成功率

 一定の基準を満たした見込み客を、

 実際どれだけ取引に結びつけることができるか。


 それからインプットからアウトプットまでの時間、

 つまり見込み客を選び出して、

 取引が成立するまでの時間も考えなければいけません。


 もちろん、成功率が高ければ高いほど、

 そしてインプットからアウトプットまでの時間が短ければ短いほど、

 より効率的と言えます。



●販売サイクルの中で省略できるステップはどれですか。

 逆に、省略できない、絶対に不可欠なステップはどれですか。



#読書 #ビジネス





ザ・キャッシュマシーン





>>>楽天ブックオフオンラインでチェック。<楽天市場・古本>


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




>>>Amazonでチェック(Amazonポイントシステム)

posted by ろむーん at 08:55| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

190723 兼田武剛 / 『絶対に成功する! 起業法』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★兼田武剛 / 『絶対に成功する! 起業法』



※「起業前に調査などをして顧客を見つける」という部分は、なるほどと思ったが、
 他は普通の内容。



●広告 PASONAの法則

・P(Problem)

 顧客が抱えている問題点を明確化し、共感が生まれるようにする。


・A(Agitation)

 問題点をさらにあぶり出す。


・SO(SOlution)

 問題の解決策を提示します。


・N(Narrow down)

 絞り込み。対象や条件を絞り込まないと「緊急性」が生まれないからです。


・A(Action)

 どんな具体的な行動をとってほしいかという「行動への呼びかけ」を行なうこと。



●海外引越し クラウンライン

 単なる引越し業者ではなく、

 電気・ガス・水道の手配・新聞・保険・家具などの斡旋を事業者に代わって行なう。


http://www.crownline.jp/



●2:6:2の法則

 物事に対して、

 2割の人は関心を示し、6割は無関心、残り2割は拒否反応を示します。



●5W2H

 5W Why・What・Who・Where・When

 2H How・How much



●事業計画

(1)目標売上高

(2)予想P/L(損益計算書)

(3)予想B/S(貸借対照表)

(4)予想C/F(キャッシュフロー計算書)


 これらはいずれも、3年の中期計画と1年の年度計画を立てることが望ましい。



●中小企業ビジネス支援サイト 支援情報ヘッドライン


 補助金・助成金・公募を検索する。

http://j-net21.smrj.go.jp/snavi/support2



●ソニー 盛田昭夫

「アイデアのいい人は世の中にたくさんいるが、

 いいと思ったアイデアを実行する勇気ある人は少ない。

 我々は、それをがむしゃらにやるだけである。」



●BSC バランススコアカード


 総合的な成果管理のための手法。


 財務・顧客・業務プロセス・学習と成長の4つの視点から、

 誰が・いつまでに・何を・どうするか、を計画し、

 実行管理を可能にするものです。



#読書 #ビジネス





絶対に成功する! 起業法 (PHPビジネス新書)





>>>楽天Kobo電子書籍ストアでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




>>>Amazonでチェック(Amazonポイントシステム)

posted by ろむーん at 08:54| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る