2019年03月30日

190330 藤川太 / 『家計株式会社化のススメ』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★藤川太 / 『家計株式会社化のススメ』


●家計経営 体質強化の14法則


(1)夢・目標を定める。

目先の欲望よりも

もっと重要と思われることを見つけること。


(2)嫌なことから見つける。

自分の現在の生活の延長線上から

はずれたところに将来像を描く。


「なりたくない」「したくない」

ということから考えていくという方法があります。


現状では実現できなさそうな夢や目標を設定する

という手もあります。


実現可能性が低く、

途中で「無理かもしれない」と思うようなこともあるでしょう。

でも、その時はリセットしてまた考えればいいのです。


(3)コミュニケーションを密にする。

コミュニケーションが取れていないのは、

組織を運営していくうえで致命的です。


(4)経営計画を策定する。

夢や目標が見つかったら、

次にやるべきことは「ライフプラン」を立てることです。


ライフプランというのは、夢や目標を実現するために、

いつごろ、どのくらいの期間で、こうする、こうなる、

ということを具体的に計画していくことです。


ライフプランをつくったからといって、

確実に夢や目標が実現するという保証はどこにもありません。


ただ、ないよりもあったほうが、

より効率的に目標実現に近づくことができるはずだということです。


ライフプランを書くコツは、

最初に子どもの進学や、車の買い替えなど、

時間の経過とともに自動的に起こるイベントを書き込んでいくことです。


あるいは、最終的な目標を達成するために、

いつまでになにをするかということも具体的に書き込んでいきます。


それぞれの予定を実行するのに必要な資金も記入していきます。

たとえば、10年後に100万円の資金が必要なのだとしたら、

毎年10万円のお金を貯める必要があります。


それを実現させるためには、

節約するべきか、などと具体的な方法も浮かんでくるでしょう。


このように、ライフプランシートを用いて、

家計の経営計画を策定するようにすれば、

将来の曖昧としたイメージがより具体的な形として見えてくるようになります。


(5)3つの利益創出法をフル活用


(i)収入を増やす。

(ii)支出を管理する。

(iii)運用益を多くする。


お金を増やす裏技っぽい話を信じ込んでいるようでは、

いつまで経っても利益を増やすことはできません。


結局のところ、地道な努力をしっかり積み重ねていくことが、

家計における利益を増やすいちばんの近道なのです。


貯蓄をするための方程式

貯まるお金=収入−支出+運用益


(6)「運用」から始めない

運用のリターンというものは、常にリスクと背中合わせです。


最も確実にできるのが「支出を管理する」ことです。


(7)支出方程式で無駄遣いをカット

支出を管理するということは、

単に節約だけの話にとどまりません。

「賢くお金を使う」という意味なのです。



お金を貯めるのが上手な人の考え方

収入−将来のための貯蓄−固定費=やりくり費(変動費)


今月はこれだけ入ってくるだろう、

将来を考えたらこれだけ貯めておこう、

固定費はこれだけかかるだろう、

今月はこれだけしかやりくり費が残らないから、

この範囲内で生活できるように知恵を絞ろう

という方法です。


無駄遣いしやすい人は、

家計をすべて過去形で処理していますが、

お金が貯まる人は未来形で管理しているのです。


(8)真っ先に必要経費を削らない

やりくり費を削っていくと、

やる気がなくなってしまうかもしれません。

だから、やりくり費はできるだけ削らずに済むようにしたいのです。


貯めるのが上手な人は、やりくり費に手をつける前に、

固定費を削ります。


もちろん、固定費の削減は簡単なことではありません。


しかし一度削ることができれば、その効果は長続きします。


(9)固定費をオールリセットする

家も車もなにもない状態を想像してください。


そこから生活に本当に必要なものから、

ひとつずつ契約していきます。


(10)やりくり費は予算の範囲内で

やりくり費の予算が決まったら、

その予算は使い切っても結構です。


予算内に収まっているのであれば、

それ以上節約する必要はありません。


(11)「投資」と「消費」を区別する

将来どこかの時点できちんとお金を生み出せるのであれば、

それは「投資」と考えていいでしょう。


逆にその場で使うだけで、とくに将来、

なんのお金も生み出さない場合は「消費」に含まれます。


使おうとしているお金が消費なのか、

それとも投資なのかを考えるようにしてみましょう。


意識してお金を使うようにするだけで、

無駄遣いは格段に減るはずです。


(12)収入を増やす

収入を増やすことは、

その分たくさんの障害が待ち受けているのです。


収入を増やすことより、支出を管理することで

家計経営を盤石なものにすべく力を注ぐことのほうが

より現実的な選択だと言えるでしょう。


(13)仕事以外の時間を無駄にしない

勝ち組でも負け組でもない、

「引き分け組」とう生き方の選択肢もあることを忘れてはなりません。


引き分け組というのは、仕事は生活に困らない程度にこなす一方、

家族との時間、自分の健康なども大切にする生き方です。


最近だと「ワーク・ライフ・バランス」などという言葉も

登場してきましたね。考え方はそれと同じです。


引き分け組を目指すためには、

支出の管理を徹底することが必須です。


もし、より少ないお金で幸せに生活できるようになれば、

それだけ収入に対するノルマが低くなるからです。


短い時間で成果をあげられる人というのは、

仕事の内容も、その場だけの「消費」の仕事なのか、

それとも将来につながる「投資」の仕事なのかを区別しています。


消費の仕事だけでなく、投資の仕事も意識的に行うことによって、

それを将来のリターンにつなげているのです。


自分の稼ぐ能力を高め、

同時に時間の密度も濃くすることができれば、

働く時間を短くしつつ、

収入を上げることが可能になるのです。



●家計の経営リスクを見極める4つの指標

(1)「自己資本比率」をチェック

自分で貯めたお金=自己資本

銀行から借り入れたお金=負債

事務所などの拠点や原材料、製造物=資産


家計の場合、自己資本比率が25%以上あれば、

まあまあと言える水準です。


(2)借金の家計への負担度は?「借金負担度」

借金負担度(%)=負債 ÷( 年収 x 退職までの年数 )x 100


借金の額が

現役時代に稼ぐ総収入の何%に相当するのかを計算し、

負担感の大小を見ます。


10%以内であれば、まあ安全と考えていいでしょう。

15%〜20%以内が理想。


(3)収入ゼロでどれだけ持つか「不就労リスク指数」

収入がゼロになった場合に

どのくらいの期間、生活していけるのかを指数化したもの。


不就労リスク指数=現在の金融資産額 ÷ 年間 基礎家計費


2年分以上3年分未満で、比較的安全。


(4)所得減少にどれだけ耐えられるか「所得減少リスク指数」

給料が減少傾向をたどった時、

どこまで収入が減少すれば生活に支障が出るのかを見るための指標。


所得減少リスク指数(%)=現金収支 ÷ 年収 x 100


現金収支とは、額面の年収から基礎家計費を差し引いた額です。


60%以上で、安全。

20%以上40%未満で、まあまあ。



※実践は自己責任で。


#読書 #財テク









>>>楽天ブックオフオンラインでチェック。<楽天市場・古本>


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 05:32| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

190329 岩城みずほ / 『30年後も安心に暮らせる! お金の鉄則』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★岩城みずほ / 『30年後も安心に暮らせる! お金の鉄則』


※「お金を貯める目的を明確にする」ことが大切だと思った。


●お金を失う4つの理由

(1)金額の上限を決めていない。

(2)自分にとって必要と理由づけをしている。

(3)買ってから、少なからず後悔している。

(4)ほかに使い道のあったお金を、衝動的に使っている。


●浪費を減らす思考の流れ

(1)必要性を認識する。

(2)情報を集める。

(3)比較・検討する。

(4)購入方法を検討する(分割払いか、一括払いか)

(5)購入



●禁煙と禁酒において、 もっとも手っ取り早い方法は

「買わないこと」です。



●目指すべき人間像

(1)予想されるリスクに対して、

   万全の備えを持って、安心して生活できる人。

(2)計画的な消費と貯蓄ができていて、

   お金に対してストレスがない人。

(3)働いて得るお金と、自分に合った運用で、

   豊かさをつくっている人。



●お金に不自由しない(ようになるための)方法

(1)給料を好きなように使うのをやめる(支出を減らす)。

(2)自分が働く(収入を増やす)。

(3)お金にも働いてもらう(投資)。



□ジョン・ウッド『マイクロソフトでは出会えなかった天職』


□ルーム・トゥ・リード ジョン・ウッドが設立。

http://japan.roomtoread.org/



●やりたいことが見つからない人に

 貯金について相談されたとき


 いつかやりたいことが見つかったとき、

 そのお金が役に立つのなら、

 貯金も立派な自己投資だと思います。



●予算の立て方

(1)目標を設定する。


(2)予期せぬ事態に対応できるお金(緊急予備資金)をつくる。

最低でも生活費の3か月程度は必要です。

所得が安定していない場合、半年〜1年分を目標としてください。


(3)目標を数値化する。

目標金額 →年間・月間の貯める目標額


(4)固定費を予算化する。

家賃(所得の20〜23%くらい)

保険料(所得の4%くらい)

水道光熱費(だいたい)


(5)変動費を予算化する。

食費(13〜16%くらい)

小遣い、交際費(10%くらいまで)

通信費(4%くらいまで)

自己投資(8〜10%くらい)



●セゾン投信 中野晴啓社長 インタビュー

「なるべく儲かるものを探す投資は投資でなくゲームです。


 相場なんか見ないで、実体経済を見ましょう。


 経済の中に、経済成長の糧としてお金を働きに出すわけですから、

 実体経済を見るのは当然です。


 経済がしっかり成長していく場所にお金をのせていく。

 そして、成長した果実からリターンを頂く。

 それで十分なのだと、まず整理をすることです。」


●日本の平均年齢 世界で2番目に高い。

 1位は国土がきわめて狭く、富裕層の移住者が多いモナコ公国。

 日本は事実上、「世界でもっとも平均年齢が高い国」なのです。

(発刊当時)
 


□モーニングスター 金融電卓

https://www.morningstar.co.jp/tools/simulation/index_spn.html


目標利回りを算出するのにオススメ。



●お金は、生活をしていく手段です。

 お金をうまく使うことができれば、人生は、よりよい方向に進みます。


 お金は自由を得るための手段でもあります。

 ただし、使い方を間違えなければ。



※実践は自己責任で。


#読書 #財テク









>>>楽天ブックオフオンラインでチェック。<楽天市場・古本>


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 08:53| Comment(0) | 財テク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

190328 小澤淳 / 『成功した人はみんな「受験ワザ」を使っている』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小澤淳 / 『成功した人はみんな「受験ワザ」を使っている』


●受験を通して身につけるノウハウの例

・目標を明確に立てる。

・(立てた目標の)達成のために最も有効な手段を講じる。

・ノルマに届かなければ軌道修正をする。

・挫折をしても最小の労力と最短の時間で乗り切る。

・仕掛けられたワナに安易にハマらない眼力を持つ。



●大きく丁寧に字を書くこと。

 あやふやな文字では、たとえ正解であっても、

 試験官によっては「ペケ」を付けられてしまう可能性があるからです。



●コックリさん

 受験業界ではプラスの意味で呼ばれています。

 人の話をコクリコクリと、うなずきながら聞いてくれる人のことです。


「コックリさんを見つけて、その人を多く見て話をしなさい。

 気分が乗って楽になるから。」


●研修を受ける人のレベル

(1)批評

話が上手い・下手だと評価します。

(2)理解

話者が何を言っているのか理解を示します。

(3)判断

これは使える、あれば自分の環境には合わない話だななどと判断します。

====================

(4)模倣

研修が終わった後、マネをしてみようとします。

(5)実行

計画だけではなく実行してみます。

(6)反省

実行後うまくいかなくても終わりにせず、反省し改善します。

(7)確立

自分なりの成功ノウハウを確立します。

(8)指導

他者に自分の成功ノウハウを指導できるようになります。



(3)と(4)の間に大きな壁が存在します。


(1)〜(3)は評論家の域です。

ここまでの人は、頭でっかちで、

あれこれ理屈をつけて動かないタイプです。


成功する人は(4)以降を必ず行っています。


他人の良いところを盗むのが上手です。



●植木算

木の本数と間の数に注目して解く問題。


●つるかめ算

数学で言う、連立方程式


例:ツルとカメが合わせて10匹いて、足の本数の合計は28本です。

  カメは何匹いますか。


10個の○を登場させます(これが動物の胴体です)。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○


次に下に足を日本ずつ示します。

○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
|| || || || || || || || || ||


足の本数の合計は28本なので、残り8本を書きます。

|| || || ||
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
|| || || || || || || || || ||


カメは4匹いることがわかります。



●成功の秘訣

(1)目標設定

(2)計画立案

(3)積極志向


□カレン・ウェブ 著、鈴木秀子 訳『9つの「性格タイプ」がわかる!』



●「受験がゴール」という危険な発想。

 大切なのは、社会の中で勝ち組に入るのか

 万年負け組なのかということ。


「人生には一生受験のような勝負がつきまとう」

 と考えるべきなのです。


「勝つまでやめない」



●受験ワザの一つ「国語試験の文章は”後ろ”から読む」

国語の試験でいちばん重要な内容は「文末」にあります。

文末には著者が言いたいことが集約されています。


文末を読むことで、著者のメッセージを理解し、

その後、速読で全体の文章を眺めます。

すると短時間で、頭の中にスッと内容が入ってきます。


プレゼンに関しても、同様のことが言えます。


プレゼンを聞かせるには「結末」から言うことです。


新聞の見出しや雑誌のキャッチコピーを見ればわかると思いますが、

それらは「結末」から言うことで、読者の興味を引いていますね。


ここで大切なのは、結末を「具体的」に言うこと。

あやふやに言ってしまっては「その後の話を聞くモチベーション」を

相手から奪うことになりかねません。


多少の「説明臭さ」は、

相手の興味を惹きつける上で欠かせない「必要不可欠要素」なのです。



●アドバイス「難解な問題に当たったときは、とりあえず笑ってみろ」


「難しい顔をすると、解ける問題も難しくなってしまう」

ところが、「笑顔になると、解けない問題もなんだか解けてしまう」

ような気が沸き起こり、

実際に解けてしまうこともあるものなんです。



#読書 #人生訓









>>>楽天Kobo電子書籍ストアでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム)




posted by ろむーん at 08:57| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

190327 田口智隆 / 『“好き"がお金に変わる33の方法』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★田口智隆 / 『“好き"がお金に変わる33の方法』


※副業の本。


●時間をお金に変えてはいけない。

 コンビニのアルバイトなどは、好きであれば問題ないが、

 好きでもない副業に時間を費やしていれば確実に擦り切れていきます。


 本書でおすすめする副業は、

「好きなことをお金に変える」ものです。


 これまでどおり本業で生活費を稼ぎながら、

 趣味を副業にしてお金を稼ぐ。

 そして、いずれは好きな仕事を本業に育てていく。

 そんな働き方です。



●「 体験 x 情報発信 x 信用力 」で好きをお金に変える。


(1)体験

好きという気持ちをベースに経験してきたこと。


今、夢中になっている趣味、

あるいは昔、打ち込んでいた趣味はないでしょうか。


(2)情報発信

自分の商品やサービスが相手の役に立つことを知ってもらう。


今はインターネットやSNSが発達しているので、

誰でも簡単に情報発信ができます。


(3)信用力

お客様に信頼してもらえなければ、お金をいただくことはできない。


いかに信用してもらおうかが大切になります。


#読書 #ビジネス









>>>楽天ブックスでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム・送料無料)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 08:56| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

190327 小澤淳 / 『成功した人はみんな「受験ワザ」を使っている』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★小澤淳 / 『成功した人はみんな「受験ワザ」を使っている』


※さすがに”みんな”は言い過ぎだと思うが、
 こじつけでない、使えそうな情報もありそうだと思った。



#読書 #人生訓









>>>楽天Kobo電子書籍ストアでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム)




posted by ろむーん at 08:46| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする







△ページのはじめに戻る