2019年03月23日

190323 轡田隆史 / 『「考える力」をつける本』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★轡田隆史 / 『「考える力」をつける本: 本・ニュースの読み方から情報整理、発想の技術まで』



●「大きく」考えないほうが「大きいこと」は理解しやすい。

ともすればわたしたちは、

「大きいこと」を考えようとすると、

「大きく」考えてみようと構えてしまう。


ところが、現実には、

「世界」という現実と言葉はあっても、

「世界」というものはない。


いろいろな国々の、人びとの動きや営みの、

細かな一つひとつが積み重なって、渦を巻いている。


その全体を、便宜的に

「世界」と呼んでいるだけなのである。


だから、「世界」について考えるためには、

まず身のまわりにあるものの中から、

「世界」を発見してかからなければならない。


「世界」を見る目は、自分を見る目でもあるはずだ。



●古い諺(ことわざ)「葦(よし)の髄(ずい)から天井のぞく」


細い管を望遠鏡のように目にあてがって天井を眺めても、

全体を見ることはできない。


狭い見聞にもとづいて大きな問題を判断してはいけない、

という戒めである。



□アイルランド スイフト『ガリバー旅行記』



●チェコスロバキア 建国の父 初代大統領マサリク


「細かい仕事へと自らを強いて、倦まず(うまず)たゆまずおこなうこと」

出展:石川達夫『マサリクとチェコの精神』


「意識的な民主主義者になること、

 あらゆる行為において民主主義者となること。

 それには我々はまだ遠い」。



●ハムレット

「考える心というやつ、

 もともと四分の一は智恵で、

 残りの四分の三は臆病にすぎないのだ」



□『うまい!と言われる文章の技術』



●「なぜ?」と問いかけつづけることによって、

 枝葉末節は整理されて、

 その底から、「考え」の本質ともいうべきものが、

 ゆっくりと姿を見せてくる。


 「考え方」とは、

 自らに「なぜ?」と問いかけながら

 深さを獲得してゆく方法ではなかったのか。


 多くを考えて、多くを捨てる。


 「考え方」とは、

 問いかけによる「削り方」なのである。



●情報は

「情報」という名札をつけて、

 そこらに転がっているものではない。


 人間が、その気にならないかぎり、

「情報」というようなものはない。


 美しい花というものがあるのだろうか。


 それとも、花を美しいと思う人間の心があって

 はじめて「美しい花」も存在することになるのだろうか。


 そういう命題がある。


 情報はしかし、人間が存在しなければ、存在しない。


 情報は、人間それぞれの生き方に応じて、

 存在したり、存在しなかったりするものであるらしい。



●ビジネスマンのための十か条


 組織とのつき合い方は二つある。


 まず、歯車と化す生き方、

 そして人間として自立しながら楽しく仕事する生き方。


(1)社会や組織の中に生じる毒ガスを

   鋭敏にかぎとるように努める。


 例:バブルの「毒性」を見抜いて、その渦中に入らなかった企業。


(2)想像力の大切さを自覚しよう。


 組織が大きくなればなるほど、

 組織というものは想像力を排除するようになりがちであることを

 承知しておきたい。


(3)自分自身を笑える人でありたい。


 これは、自分および組織を客観的に見て

 批判できることをも意味する。


 自分や組織を愛することは、

 欠点に目をつぶることではない。


 あらゆるものに対する豊かな批判精神こそ、

 あらゆるものを救う源となる。


 自分自身の滑稽な姿を、こころの中に思い描け。


 それは、自嘲とも違うこころの働きである。


(4)組織から抜け出して、他の組織を観察せよ。


(5)マナーの人であれ。


 頼むときには、上下の別なく礼を尽くせ。


 飲み屋のマナーを大切にしよう。

 そこは公共の社交の場である。


 礼儀こそ、人間の基本である。


(6)自腹を切って遊べ。


 酒は身ゼニを切って飲んでこそうまいのだ。


 ただし、先輩・後輩で飲んだら、

 何度かに一度は先輩がおごれ。


(7)詩を読む人であれ。


 言葉が最も美しく劇的効果を上げるのは詩である。


 詩集を、年に一、二度でいいから買おう。

 それはあなたの人生を確実に豊かにしてくれる。


 人とのつき合いも、組織とのつき合いも

 言葉によって成り立っているのだ。


「つき合い」を大切にする人は、言葉を大切にする人。


(8)歴史を学ぶ人でありたい。


 たとえば、アジアでビジネスをする人が、

 日本とアジアの関係についての歴史を知らなければ失格である。


 自分の所属する組織の歴史に精通すべし。


 他を知るには、まず自分を知らなければならないからだ。


「歴史は未来を映し出す鏡」と何度でもいっておく。


(9)ユーモア精神こそ、人間の精神で最も大切なものの一つ。


 アメリカの作家 カート・ヴォネガットは

 ユーモアについてこう記している。


 人間の心の底に潜んでいる生存の本能に活気を与え、

 創造的な活動をうながすものがユーモア。


(10)現状の認識についてはやや悲観的に。

    しかし、未来と将来の展望については楽観的に。


 仕事の締め切りまであともうわずかに三日しかない。

 こりゃいかん。

(そこで気をとり直して)

 しかし、三日あれば何とかなるさ、さあやろう!


 まあこんな感じ。


 何ごとも、がっかりし過ぎたらそれでおしまいなのである。


 オレほど悲観的な人間はいない。


 そう思い込んでいる人は、

 そう思い込んでいられる点において、すでに楽観的なのである。


#読書 #人生訓









>>>楽天ブックスでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム・送料無料)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 05:17| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月22日

190322 轡田隆史 / 『「考える力」をつける本』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★轡田隆史 / 『「考える力」をつける本: 本・ニュースの読み方から情報整理、発想の技術まで』



●翻訳ものでもときにひどい悪訳にぶつかる。

(中略)

 つき合いつづける必要はない。


 訳者の名前は覚えておいて、

 またつかまされないように備えなければならない。


 逆に、とてもいい翻訳を楽しんだときには、

 これも訳者の名前をこころに刻んでおこう。



□カール・マルクス『資本論』


マルクスは、友人のエンゲルスといっしょに、

自由主義経済の名のもとに発展するイギリス社会で、

労働者の、ありのままの姿を観察した。


すると、「自由」とは名ばかりで、


労働者は、低い賃金で長い時間働かされ、


労働によって生じた利益のほとんどは、

生産手段を融資、労働者を雇っている

資本家のふところに入ってしまう。


マルクスたちは、

労働者の実態をそうとらえ、

そのような社会の主人公は

人間ではなく資本(蓄積されたカネや財物)だ、


それが「資本主義」という仕組みだ、


と分析した。



※この話をもっと伝えるべきだろう。

(自分ももっと早く聴きたかった!)



●メモには日付。


※自分でも、長い時間を空けて読み直した本の

 印象に残るこったことが、かつて読んだときとは違うことを知り、

 日付をメモっておくことは、けっこう重要だと思った。



●日曜日の朝刊各紙の「読書」欄は必読。



□映像作家 吉田直哉『霧中で影あつめ』

 数学者 リチャード・ベルマン教授


「良い問いは、答えより重要だ」



●設問は、できる限り具体的に絞り込むことだ。

 自分自身の記憶に対する問いかけであろうと、

 他の人に問いかける場合であろうと、同じ。


 人に何か教えてもらおうとして質問をしても、

 答えてもらえない。


 そこで質問の方向、方法をちょっとかえてみる。


 すると、相手は、

「なんだ、そのことだったのか、

 それならそうと、最初からそう聞いてくれればいいのに」。


 パッと顔を輝かせて、しっかりと答えてくれる。



●インタビューでは、

 相手の表情もとらえるのが大切だから、


 視線は、相手の顔とノートに半々、といった感じ。


 視線の上半分で顔を見、下半分でノートを見る、


 とでもいったらいいかもしれない。



□内田百閨iひゃっけん)『餓鬼道肴蔬目録(がきどうこうそもくろく)』


※著者曰く、「日本メモ史」の傑作。



□柳瀬尚紀『辞書はジョイスフル』



●アメリカの思想家 エマソン

「辞書も決して其れ(それ)を読むに悪い書物ではない。

 辞書には虚飾もなく、冗漫な説明もなく、

 示唆に富んでいる、−詩となり、歴史となり得る素材なのである。」



●換骨奪胎(かんこつだつたい)

広辞苑の旧版

「詩文を作るのに、古人の作の意義を模して語句を換え、

 または組立を換えて着想を新たにしたように見せかけること」

と、いけないことのように解説している。


広辞苑の第四版

「見せかける」をやめて、

「古人の趣意に沿いながら、新しいものを加えて表現すること」

と改めたうえで、俗に、「焼き直し」の意に誤用、と補足している。


どんな辞典であろうと、人間の作ったものだから、

誤ちを記すことから逃れられない。


問題は、日々、内容を洗い直して、「進化」してゆくこと。

その意味で、あらゆる辞典は「成長途上」にある。



●イスラム教 哲学思想 世界的大学者 井筒俊彦



●最低限必要な辞典は?

(1)角川必携国語辞典

(2)朝日新聞の漢字用語辞典

(3)中国古典名言事典

(4)人物世界史事典(欧米篇)

(5)戦後政治史

(6)世界のことば


・岩波新英和大辞典

・コンサイス・オックスフォード英語辞典(英英)

・日本国語大辞典

・大辞林

・岩波漢語辞典

・大修館新漢和辞典

・福武コンパクト古語辞典

・漢詩名句辞典

・日本名句辞典

・故事ことわざの辞典

・英文学のための動物植物事典

・岩波仏教辞典

・イスラム事典

・日本・架空伝承・人名事典

・民族世界地図

・宗教世界地図

・漢字の用法角川小辞典2

・オックスフォード引用句辞典(英文)

・大漢和辞典(大修館)

・広漢和辞典(大修館)


#読書 #人生訓









>>>楽天ブックスでチェック。(楽天市場・楽天ポイントシステム・送料無料)


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 08:49| Comment(0) | 人生訓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

190322 鶴見隆史 / 『Dr.鶴見の体の中からきれいにする 酵素ごはん』 読書グラフィ 今日読んだ本

読書グラフィ 今日読んだ本

★鶴見隆史 / 『Dr.鶴見の体の中からきれいにする 酵素ごはん』



●摂ってはいけない脂


・トランス型脂肪酸


 マーガリンやショートニング、ファットスプレッド


 ニューヨークではマーガリンは販売禁止になっています。


 トランス型のマーガリンは、

 植物油を加工して作る人工的な食品で、

 体内ではまったく代謝できません。


 そのうえ、細胞膜の一部を形成し、

 質を悪化させる悪玉脂肪です。



・過剰なリノール酸


 大豆油、コーン油、サラダ油など


 リノール酸が多く含まれた植物油(オメガ6油)は、

 必須脂肪酸のひとつです。


 しかし過剰に摂ると病気の元になります。

(脳卒中、心筋梗塞、癌など)


 スナック菓子やマヨネーズ、大豆や小麦、

 米、加工食品などに多く含まれるので、

 過剰摂取にはご注意を。


 なお、最近の研究では、リノール酸を摂るときは、

 体によいα-リノレン酸(オメガ3油)を同量摂ると、

 前者の悪影響は一掃できることがわかっています。


 
・酸化した油


 どんなに体にいい油でも、

 長時間空気にさらすと酸化します。


 酸化すると、血中に過酸化脂質(老化の原因のひとつ)が発生し、

 動脈硬化をはじめ、万病の大元になるので要注意です。


 酸化すると腸の汚れも進み、

 酵素をたくさん消費してしまいます。


 作り置きの天ぷらやポテトチップス、揚げ煎餅など

 油を使ったお菓子も酸化が進んでいます。


 外食の油もの料理はかなり酸化しているので気をつけましょう。



●良い油

・α-リノレン酸(オメガ3油)


 リノール酸(オメガ6油)は体に良くないけれど、

 麦や米など食材に含まれているので

 無意識のうちに摂ってしまうことになります。


 その悪影響から体を守るのに有効なのが、

 α-リノレン酸(オメガ3油)です。


 中性脂肪を下げたり、

 高血圧の予防になったりと、いいことずくめ。


 とくにおすすめはフラックスオイル(亜麻仁油)です。


 ただし、この油は酸化しやすいので、

 加熱せずドレッシングなど生の状態で使うことがポイントです。


 α-リノレン酸は天然の魚や貝、海藻類、くるみ、

 緑黄色野菜、豆などに含まれています。


・酸化しにくい油

 ごま油、パームオイル、ラードなど

 菜種油も、油の中では参加しにくい部類に入ります。


●脂肪分解酵素がたくさん含まれている食材

きゅうり。

ホスホリパーゼという脂肪分解酵素がたくさん含まれていて、

すりおろすと脂肪分解酵素が増えるのでさらに良いというのです。



●「生野菜+果物だけ」もXです。

 生食だけの食生活を送っていると、

 ホモシステインという物質が増えてしまいます。


 これが蓄積されると、

 心疾患や血管系の病気を引き起こしやすくなります。


 ホモシステインに働きかけるのがB12なので、

 しじみ、あさり、レバーなど

 B12の多い食品も摂りましょう。


 また、生野菜の細胞膜は壊れにくく、

 よく噛まずに食べると消化不良を起こします。


 だからすりおろしたり、低速ジューサーで

 ジュースにして飲むのをオススメしています。



●糸寒天

 天然の食物繊維、ミネラルがたっぷり。



※実践は自己責任で。


#読書 #健康









>>>楽天ブックオフオンラインでチェック。<楽天市場・古本>


>>>Yahooショッピングでチェック(Tポイントシステム)




posted by ろむーん at 05:13| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


△ページのはじめに戻る

クラウドソーシング「ランサーズ」